新着情報・お知らせ

新着情報・お知らせ

事業承継に関するアンケート調査結果まとまる

2017.7.21

茨城県事業引継ぎ支援センターでは、茨城県の協力を得て、60歳位以上の経営者で後継者不在と思われる県内中小企業1,834社を対象に事業承継に関する考え方や支援ニーズに関するアンケート調査を実施した。
その結果、287社(回収率15.6%)から回答(記名式)を得た。事業承継への対応を「最も重要な喫緊の経営課題」または「3年以内に対応したい重要な経営課題」と回答した企業は回答数の25%に達し、事業承継が急がれている実態が明らかとなった。
また、事業譲渡に関しては、46%の企業が何らかの関心があると回答。事業譲渡時における重要なポイントについては「従業員の雇用の維持」30%が最も多く、次いで「取引先の関係の維持」23%、「企業の技術力、ブランド力の維持・承継」12%の順となり、「譲渡金額」は7%と低い数値であった。アンケート調査結果の詳細は、下記のPDFファイルにて表示。

アンケート調査報告書