各種窓口相談

よくある質問

自治金融

市の制度融資自治金融が実行となるにはどのくらいかかるのですか。
締め切りから審査会を経て、一か月ほどかかります。

詳細はこちら>

個人事業で住所が市外ですが、自治金融の申し込みはできますか。
市の制度融資ですので、水戸市への市税完納が条件となります。住所地の商工会の窓口にご相談ください。
既に自治金融を利用していますが、借替は可能ですか。
可能です。ただし、借替は前回と同一金融機関(同一支店)であること。また、借入残高が当初借入額の半分以下で、かつ、今回借入する総額の半分以下になっていることが条件となっています。
連帯保証人は必要ですか。
法人の場合は代表者のみ。個人の場合は原則必要としません。ただし、実質経営者、もしくは健康上の理由、積極的な支援者からの申し出があった場合はそのかぎりではありません。
担保は必要ですか。
原則として必要ありません。ただし、土地購入資金、建物建築資金の場合、融資対象物件に抵当権の設定をお願いします。
水戸市から補助があると聞いていますが。
1%までの利子を水戸市が3年間補助します(年一括で補助)。また、茨城県信用保証協会に支払う信用保証料を、水戸市が全額・全期間補助します。

 

マル経融資
だれが利用できますか。
水戸市内で1年以上事業を行っており、税金等を完納している方で、常時使用する従業員の数が、商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)にあっては5人以下、製造業・その他にあっては20人以下の事業者です。また、水戸商工会議所の経営指導を原則6カ月以上受けている方となります。
何に使えますか。
事業資金であって、他の借入金に充当することや生活費、税金の支払いには充てられません。
業種指定はありますか。
日本政策金融公庫の非対象業種は利用できません。また、生活衛生関係の事業を営む小規模事業者は、マルケイ融資の他に生活衛生改善貸付が受けられます。
融資実行までどのくらいかかりますか。
締め切りから審査会、日本政策金融公庫審査を経て一カ月ほどかかります。

詳細はこちら>

水戸市以外に居住していますが利用できますか。
事業所が水戸市内にあれば利用できます。
当社はどの位借りられますか。
借りたお金は利息を付けて返済しなければなりません。月商からみた限度額、利益、返済源資から見た限度額等を考慮し、通常運転資金は月商の2倍以下が妥当と言われております。

 

県の制度資金
借替はできますか。
同一融資内において、借入金の元金返済が一年以上経過している場合、新規事業資金を併せて借替できます。ただし、据置期間はありません。
県の制度融資を一本にまとめたいのですが。
2口以上の県制度融資を利用し、元金償還が1年以上経過しており、借替により経営の安定・改善が図られる場合は、借替融資が利用できます。
これから新規開業するために融資を受けたいのですが。
事業活性化資金の創業活動支援枠が対象となります。詳しくは商工会議所、商工会窓口へ。また、日本政策金融公庫でも新創業融資制度、新企業育成貸付が対象となり、相談窓口を設けています。

 

相談事業
パソコンの設定がわからない、就業規則を改正したい、税務の申告や贈与等について相談したいなど、専門家に意見を聞きたいのですが。
商工会議所会員であれば、法律・税務・労務・IT等事業に関する相談を受けることができます。
>>いばらきエキスパート・バンク  >>専門指導センター  >>EC応援隊
商工会議所会員ではないのですが、経営・技術・労務など専門家に相談したいのですが。
エキスパートバンクという県の制度があり、事業に関する相談を一回に限り無料で受けることができます。もし、更に相談したい場合は実費になります。

詳細はこちら>

 

その他
帳簿の付け方がわからないのですが。
会員企業で個人事業主の場合は、記帳指導の申し込みをいただければ(年8千円の会費負担増)、帳簿の付け方、申告書の書き方など経営指導員が年間を通じてお手伝いさせていただきます。
従業員がいれば労働保険に入らなければいけないのですか
一人でも雇用していれば、労働保険(労災保険と雇用保険の総称)に加入しなければなりません。会員事業であれば、各種届出等の事務処理について商工会議所へ委託することができます。(別途手数料負担)

詳細はこちら>

個人で事業を営んでおり、退職金の準備をしたいと考えているのですが、何かよい制度がありますか。
小規模企業共済という経営者(共同経営者も対象となりました)の退職金となる制度があります。1,000円からの掛け金で節税対策としてもご活用いただけます。

詳細はこちら>