梅色未来のコンセプト

 

水戸は歴史、文化の薫る街で、日本三名園の一つ偕楽園があり、「梅の都」として有名です。

「梅」は早春の魁に咲き、上品で気品のある花です。また、「梅」は食べると体に良く、健康食品としても注目を集め、若い女性に人気があります。

また、水戸はその時代、時代の先端をになう都市でした。弘道館は当時最先端の大学であり、現在は水戸芸術館が世界的な現代美術等の活動拠点の一つに数えられています。そして、水戸黄門で広く知られる水戸光圀はたいへんな食通でラーメンを日本で初めて食べたといわれるなど、チャレンジ精神の旺盛な人でした。最後の将軍となった十五代将軍徳川慶喜もコーヒーが好きだったなど、先取性に富む人物が水戸より多く輩出しています。

以上のように、
①歴史・伝統をふまえながら先取性に富む商品を目指す
②女性に支持されるイメージ
③水戸の代表的イメージである梅にこだわる。
の三点をコンセプトとし、「梅色未来」は誕生しました。伝統に裏付けされた商品の確かさはもちろんのこと、新しい試みにもチャレンジし、上品さ美しさにもこだわった水戸の新しい観光土産品ブランドです。