ニュース

 

水戸芸術館との連携事業「水戸路上観察 街なか展示」

2017年3月15日

水戸芸術館との連携事業「水戸路上観察 街なか展示」

3月18日から5月14日まで「水戸路上観察 街なか展示」を開催。
中心市街地5カ所に、水戸に存在する、おもしろい建物や看板などの建築物または風景の写真を展示します。


会議所と水戸芸術館は、「芸術・文化のまちづくり」を推進する上で、毎年さまざまな連携事業を展開しています。
今回は3月11日から水戸芸術館で開催されている「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」の関連事業として企画しました。


建築家・建築史家の藤森照信氏は、赤瀬川原平氏、南伸坊氏、松田哲夫氏、林丈二氏らとともに1986年に路上観察学会を結成。
同会は、マンホール、エントツ、看板、ハリガミ、建物のカケラなど、身の周りのあらゆる事物を観察の対象として、無目的かつ無意識的な路上物件の面白さをあるがままに観察し、あるいは採集・鑑賞している団体です。
昨年の11月に、水戸路上観察学会ワークショップを実施。参加者が水戸に存在する、おもしろい建物や看板などの建築物または風景を写真に収め、作品を提出しました
3月11日には、水戸路上観察学会総会を開催し、同会員の作品発表および11月に実施したワークショップの講評などを行ないました。
同会員による審査を経て選出された作品は、審査員のコメントをつけて、中心市街地の5カ所に展示しますので、ぜひ街なかを回遊して、水戸の魅力を再発見してください。


【水戸路上観察 街なか展示概要】
展示期間:3月18日(土)~ 5月14日(日)
展示場所:
・茨城県三の丸庁舎1F(水戸市三の丸1-5-38) 9:00~19:00 会期中無休
・常陽銀行本店(水戸市南町2-5-5) ショーウィンドウ
・栗原写真館(水戸市南町3-3-35) ショーウィンドウ
・VILLAGE310(水戸市天王町2-32) 11:00~22:00 水曜休
・常陽銀行泉町支店(水戸市泉町2-3-8) ショーウィンドウ


詳しくは、水戸芸術館ホームページまたは商工振興課まで。
http://www11.arttowermito.or.jp/gallery/gallery02_rel.html?id=192

 

一覧にもどる