まちづくり

おもてなし大賞

 

平成19年度おもてなし大賞

 

「おもてなし大賞」は、アーバンツーリズム(都市型観光)を目指す水戸市において、観光客を含む来水者に対して、すぐれたホスピタリティーを提供する人を顕彰するものです。
平成19年9月14日までの応募期間に、応募があった方を対象に、11月2日の選考委員会でおもてなし大賞1名、おもてなし賞1名を決定いたしました。

 

おもてなし大賞

photo
有賀 恵美子 さん

(株)コバコーポレーション ホリデイ・イン水戸

現在、フロントオフィス、マネージャーとして勤務。持ち前の笑顔とホスピタリティー溢れる応対振りは、これまでも多くのお客様からお褒めの言葉やお礼をいただいている。 「滞在中にゆっくり出来る環境を整えて、お客様の仕事も上手く行き、観光・行楽でも少しでも楽しくなるように助言やお手伝いをしたい。最終的には、水戸の街に対して良い印象と良い思い出を持って帰っていただきたい」というのが彼女の仕事に対する根底にある。それは彼女の「仕事での生きがい」と言えるかもしれない。宿泊客からの意見はもちろん、団体旅行を手配した旅行会社の担当者からも直接その受入れや応対振りに対して多くの賞賛やお礼の言葉もいただいている。
今では、彼女の持っている仕事に対するノウハウや知識、お客様に対する考え方や心得の基本などを部下の社員全員に指導・教育している。周辺の美味しいお店のご紹介カードを作成。食事に来た車椅子のお客様に宿泊用の障害者ルームのトイレをお貸しする。荷物が多く汗をかいてご到着のお客へ、チェックイン前にお絞りをそっと手渡すなど、ホスピタリティーの具現化は様々において見受けられる。
旅行代理店からの声「高齢者から若者まで、接客・対応においてオールマイティーに仕事をこなす。臨機応変な対応を行い、部屋の確保や利用者の要望に沿い、安心してお客様を紹介できる。」(旅行客への対応は素晴らしい)
その様なことから、利用客から名指しでお礼の言葉が寄せられている。

おもてなし賞

photo
江幡 隆 さん

新星自動車(株)新星タクシー水戸営業所

新生タクシーの運転手。第2の人生として、現在6年目。「タクシーを通して社会にご奉仕したい」という背景が仕事上に表れており、真面目で温厚な性格からか、何事に対しても、熱意を持って前向きな姿勢で取り組む。特に観梅時期中には、他県のお客様からお褒めの言葉を頂いている。市内の観光地や食事処を勉強し、お客様のニーズにあわせてお店を紹介したり、天気予報を常に調べ、特に雪の日などは自分から率先して装備を行うなど常に安全運転を心がけている。駅構内同業者間では、接客態度、マナーで彼を知らない人はいないというほどだ。
一度乗車された方からの感想「何を話しても客を退屈させないし、名物料理、名所案内は客の希望に的確に応対してくれる。何度乗車しても平常心で、旅行の際には、荷物(トランク)まで運んでくれる。他所からのお客様は、一度乗車すると必ず指名する」という声を聞かれる。