まちづくり

おもてなし大賞

 

平成20年度おもてなし大賞

 

「おもてなし大賞」は、アーバンツーリズム(都市型観光)を目指す水戸市において、観光客を含む来水者に対して、すぐれたホスピタリティーを提供する人を顕彰するものです。
平成20年12月15日までに応募いただいた方を対象に、平成21年1月28日の選考委員会でおもてなし大賞1名、おもてなし賞2名を決定いたしました。
表彰式は2月24日、第488回常議員会の席上で行なわれ、加藤会頭から受賞者に表彰状と副賞が手渡されました。  

photo

 

おもてなし大賞

photo
大塚 郁夫 さん

茨城オート株式会社 泉町営業所

◆受賞事由概要◆
茨城オート株式会社にタクシードライバーとして勤務し、現在3年目。37歳。
接客業の経験もあることから、丁寧でやわらかな物腰はお客様に大変評判がよく、会社からは、常日頃から安全運転に心がけているのはもちろんのこと、お客様に対する気配りは申し分ないもので、ナンバーワンのドライバーであると高い評価を得ている。
水戸市内の観光地や食事場所、また、社会情勢や環境など、あらゆる分野において勉強しており、お客様の話題に合わせた会話やお店の紹介ができるように常に努めている。
乗車されたお客様からは「お話しがとても上手で飽きさせないし、よく勉強されている様子が伺えます。何よりも感じがよく、また乗車したい」とお褒めの言葉を頂いている。

おもてなし賞

photo
藤田 記子 さん

株式会社みずほ銀行 水戸支店

◆受賞事由概要◆
株式会社みずほ銀行 水戸支店に平成15年より勤務し、6年目。現在はフィナンシャルアドバイザーとして資産運用相談業務で多くのお客様と接し、笑顔で敏速な対応を行っている。真面目で几帳面な性格でお客様から大変好評を得ている。会社の上司からの信頼も厚い。
仕事を持ちながら自ら進んで水戸黄門愛好会(平成10年発足)に平成13年入会し、ボランティア活動に積極的に参加して県内外で水戸のPRに貢献している。特に水戸の梅まつり期間中には、園内で水戸黄門愛好会による写真撮影を県内外からの来訪者と一緒に水戸の思い出(記念)として実施している。彼女は主に町娘役に扮して常に笑顔で気配りを絶やさず、写真撮影などに応じ、町娘役に扮しない時はスタッフの一員として、撮影の整理や水戸の案内などを進んで行っており、多くの方々からお礼の言葉が寄せられる。

おもてなし賞

photo
岡田 博子 さん

株式会社イイジマ(レストランイイジマ)

◆受賞事由概要◆
レストランイイジマに勤務して2年半。高校卒業後、サービス業に就いた経験を活かして、現在はホールの接客を担当するフロアリーダーとして活躍中。
お客様に対して、いつも笑顔を絶やさず女性ならではのきめ細かい気配りが行き届いており、最後まで気持ち良く食事ができたと好評を頂いている。他の社員からも評判が高く、レストランイイジマの顔として地元雑誌等でも紹介された。
お客様の立場に立った、食事の邪魔にならない静かな気配り、絶妙な距離感など、全てにおいておもてなしの心や接客マナーには素晴らしいものがある。
県外からのお客様からは「気持ちよく食事ができ、観光スポットや水戸のお土産を適切に紹介してくれた。また水戸に来たいと思います」などのお褒めの言葉が多く寄せられている。