M&Aについて

各承継方法のメリット・デメリット

それぞれの承継方法により、下記のようなメリット・デメリットがあります。

親族内承継

メリット

・社内外からの理解が得られやすい。
・後継者を早期に決定できる。
・所有と経営の分離を回避できる。  

デメリット

・後継者に経営者としての能力や資質が備わっているとは限らない。
・後継者候補が複数いる場合、親族同士の対立を招きやすい。
親族外承継
(従業員等)

メリット

・社内で長期間勤務している従業員に承継する場合は、内外の理解を得やすく、 経営の一貫性も保ちやすい。

デメリット

・現経営者から株式等を取得するための資金力が無い場合が多い。
・個人保証債務の引継ぎ等の問題が生じる。
親族外承継
(第三者)

メリット

・身近に後継者候補がいなくても、外部に広く候補者を求めることができる。
・従業員の雇用が守れる。
・優秀な経営者へ会社を引き継ぐことにより、事業のさらなる成長や発展が期待できる。

デメリット

・事業承継できる譲り受け先を見つけるには、ある程度時間がかかる。
・良いタイミングを逃してしまうと、不利な条件を飲まなければならなくなったり、交渉自体が流れてしまうことがある。
・譲り受け側が個人の場合は、債務を引き受ける資金力がない場合や、現経営者の個人債務保証の引継ぎの検討が必要。