新着情報News Topics

水戸市市制施行130周年記念「水戸黄門料理まつり」 講演会&食談

「水戸黄門料理まつり」は水戸黄門料理を水戸の名物料理・郷土料理として広く普及させるための事業の一つとして、観梅シーズンの3月10日(みとの日)に開催しています。

毎回、茨城・水戸にゆかりのある著名人をゲストに迎えての講演と料理を味わう「食談」を実施しております。今回は「HATAKE AOYAMA」オーナーシェフでいばらき食のアンバサダーの神保佳永さんをゲストに迎え、下記のとおり開催いたします。

ぜひ皆様お誘いあわせの上、ご参加ください。

日時 3月10日(火) 講演会:午後6時~・食談:午後7時15分~午後8時45分(予定)
会場 三の丸ホテル
会費 5,000円(飲物代別)
定員 100名様 ※定員になり次第締め切ります。

 

<プロフィール>

1977年茨城県日立市生まれ。東京で料理の基礎を学んだ後、ヨーロッパに渡りミシュラン星付きレストランで約2年間の修行を積む。帰国後、丸の内「サンス・エ・サヴール」のオープニングスタッフ、浦安「ホテルエミオン東京ベイ」洋食総料理長を経て、2010年、南青山にイタリア料理店「HATAKE AOYAMA」をオープンする。なかなか予約が取れない店として、メディアや雑誌などに紹介される。
現在では新宿伊勢丹本館に2号店、日本橋高島屋S.C.新館に「HATAKE CAFE」をオープンする。一方、全国の小学校で食育活動を通じて子供達に食の大切さを伝えている。
2014年10月『いばらき食のアンバサダー』、2019年9月『日立ふるさと大使』に就任。

※お問い合わせは、産業振興課(TEL029-224-3315)

 

パンフレットPDFのダウンロードはこちらより

一覧に戻る