経営支援Management Support

労働保険事務代行委託事業所募集

あなたの事業所は労働保険に加入していますか?

労働者を一人でも使用する事業主は、業種のいかんを問わず、法律により労働保険(労災保険・雇用保険)に加入しなければなりません。「労働保険の手続きがわずらわしい」とか、「人手不足のため労働保険の事務処理に困っている」という事業主はおられませんか?

水戸商工会議所は厚生労働大臣の許可を受け、県雇用保険課及び茨城労働局の指導監督のもとに事業主にかわって労働保険事務の代行を会員サービスの一環として行っております。

特典

労働保険事務組合に加入されますと以下のような特典があります。

これだけ有利です

  1. 事業主および家族従業者も労災保険に特別加入できます。
  2. 保険事務の省力化・軽減化がはかれます。
  3. 保険料の多少にかかわらず、保険料を年3回に分割・納付できます。
  4. 団体事務ですので、事務委託手数料は、加入者にとって負担にならない金額となっています。

事務委託できる事業主とは

使用する労働者が1人以上

金融・保険・不動産・小売サービス業では 50人以下
卸売の事業では 100人以下
その他の事業では 300人以下

事務委託できる事業主とは

「労働保険事務組合水戸商工会議所」は、その公共性から、いただく手数料を割安にしております。
概算保険料の10%です。

但し、1事業所からいただく手数料は、年間で最低 3,240円 最高 54,000円まで(消費税込)

労働保険事務組合に事務委託した場合の一例

平成29年度の保険料率

事務委託手数料は消費税込

卸・小売・飲食業では
賃金総額 (給与+賞与+諸手当等)5,000,000円の場合

5,000,000円 × 3.5/1000(労災保険率)= 17,500
5,000,000円 × 9 /1000(雇用保険率)= 45,000
17,500 + 45,000 = 62,500(概算保険料)
62,500 × 10% × 1.08 = 6,750円(事務委託手数料)

製造業(食料品)では
賃金総額 (給与+賞与+諸手当等)5,000,000円の場合

5,000,000円 × 6/1000(労災保険率)= 30,000
5,000,000円 × 9/1000(雇用保険率)= 45,000
30,000 + 45,000 = 75,000(概算保険料)
75,000 × 10% × 1.08 = 8,100円(事務委託手数料)

建築事業では
  • 建築事業の場合職種により労災保険料率が変わります。
  • 元請工事額、特別加入の有無により保険料が変わります。

くわしくはお問い合わせください。

製造業(印刷・製本)では
賃金総額 (給与+賞与+諸手当等)5,000,000円の場合

5,000,000円 × 3.5/1000(労災保険率)= 17,500
5,000,000円 × 9/1000(雇用保険率)= 45,000
17,500 + 45,000 = 62,500(概算保険料)
62,500 × 10% × 1.08 = 6,750円(事務委託手数料)

ご相談のお申込み・お問合せ

水戸商工会議所会員サービス課

TEL 029-224-3315FAX:029-231-0160